☆AIの物体検出がかなり速くできるのは、グーグルのEdge TPUが中心となって演算を 行っているからです。検出できる物体の種類はかなり限られていますが、それによって さらに高速な処理速度を実現しているとも考えられます。

☆この動画では、主に、人と鉢植え植物を中心に検出しています。人に関しては、 確率は下がりますが、体の一部、例えば、片手だけでも「人」と判定します。



☆この動画は、AIの物体検出を使って、ターゲットの緑色ボール(野球のボールより少し大きい) を確保できるか試したものです。

☆向かって画面左の[探す]をクリックすると、ロボットはゆっくりと 回転し、カメラ画面の中央にある薄い水色の縦長の長方形部分の内側に、ターゲットの緑のボールが 入ると直進します。

☆ロボットカーのモニターの[遊ぶ]ボタンをクリックすると自動運転となります。 カメラがボールの姿を捉えると、軌道を修正しながら接近し、最後は停止しします。

☆こちらは、ボールより形が複雑な犬の縫いぐるみを検出し、接近できるか試してみました。 何度もロボットは軌道を修正しますが、目標は達成されます。最後は、ロボットがカメラを 左右に振り、ミッション・コンプリートのサインを示します。

※これらの動画では、ロボットに対するラジコン等による人為的操作は全くはしていません。